• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歴史に名を残す。名を竹帛に垂る。

「幾多の書を著し以て芳名を―・るべし」〈織田訳・花柳春話