• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仮名草子。2巻。富山道冶 (とみやまどうや) 作。元和(1615~1624)末年ごろ成立。やぶ医者竹斎が、にらみの介という下僕を供に、こっけいを演じながら京から江戸に下る物語。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉