戦場で敵味方を見分けるために、兜 (かぶと) などにつけたしるし。多くは小旗を用い、家紋や文字などを染めた。→袖標 (そでじるし) 

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉