• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 護符。守りふだ。

  1. 割符 (わりふ) 。

  1. 律令制で、上級官庁から直属の下級官庁へ出した公文書。差し出す官庁によって太政官符・省符・国符などとよばれた。→解 (げ) 

  1. めぐりあわせ。運。

    1. 「唐糸が、―のわるさ」〈伽・唐糸さうし〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉