• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

原料に麦芽を使用したビール発泡酒に対し、麦芽以外の原料を使用したり、別種のアルコール飲料を発泡酒に加えるなどしてつくられた、ビール風アルコール飲料の通称。麦芽の代わりに大豆や小麦、トウモロコシなどを原材料として使うものが多く、「新ジャンル」ともよばれる。その他の発泡性酒類。→ビール系飲料

[補説]当初、酒税法上のビールの類に属さないため税率が低く、安価で販売されたが、平成18年(2006)の酒税法改正で酒類の分類が再編され、酒税が引き上げられた。