• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(フランス)Le Deuxième Sexeボーボワールの女性論。2巻。1949年刊。女性を男性主体の社会によって二次的、客体的にされた存在であるととらえ、女性の主体性獲得による解放を実存主義の立場から説く。

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉