• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地歌・箏曲 (そうきょく) 。手事物 (てごともの) 。島田両三の詞に菊岡検校が曲をつけて、文化・文政(1804~1830)ごろ成立。それに八重崎検校が箏の手をつけた。酒の徳をたたえる曲。別名「酒」。