• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ちくしさんち」とも》九州北部をほぼ北東から南西に走る山地。福岡・佐賀・長崎の3県にまたがる。平均標高400~900メートルで、最高峰は福岡県・佐賀県境の背振 (せふり) 山。地体構造上、西南日本内帯に属する。中国山地の延長上にあり、断層によって多くの山塊に分断されている。

[地理/日本地名/九州]カテゴリの言葉