• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 占いをして考えること。

    1. 「陰陽道の輩を召さるるの上、参河守教隆、―に及ぶ」〈吾妻鏡・三六〉

  1. 数を数えること。そろばんで勘定すること。計算。

    1. 「それがしは算用―においては、世間に恐いものがござない」〈虎明狂・賽の目〉