[名](スル)連声 (れんじょう) で「さんにょう」とも》
  1. 金銭の額や物の数量を計算すること。勘定。計算。「算用合って銭 (ぜに) 足らず」

  1. 金銭を支払うこと。清算すること。勘定。

  1. 考えてよしあしなどを決めること。

    1. 「併し爰に甚だ―のむつかしい事がござる」〈西周・百一新論〉

  1. 見積もりを立てること。また、その見積もり。目算。

    1. 「かねての―には十五両の心当て」〈浮・胸算用・三〉

出典:青空文庫