• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 寿永3年(1184)の源平生田の森の合戦で、梶原景季 (かじわらかげすえ) が梅の枝をに差して戦った故事。神戸の生田神社に遺跡があり、能や浄瑠璃の題材となった。

  1. 梅の一品種。花は淡紅色で大きく、桃の花に似ている。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉