ヌマガメ科の一群のカメ。腹甲が蝶番 (ちょうつがい) 状に連結しており、甲内に体を引っ込めたあと、ふたをしてしまうことができる。日本では八重山諸島の森林周辺の湿地にセマルハコガメが生息。

[生物/動物名]カテゴリの言葉