• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安部公房による長編小説。昭和48年(1973)刊行。ダンボール箱を頭からかぶり、その隙間から世界を眺める男の彷徨を描いた実験的作品。