• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 遺骨を骨壺におさめる際に、骨片を箸から箸へと渡してゆくこと。また、一つの骨片を二人が同時に箸でつまむこと。

  1. 1の所作を連想させることから》嫌い箸の一。食べ物を箸から箸へと渡すこと。また、一つの食べ物を二人が同時に箸でつまむこと。合わせ箸。挟み箸。拾い箸。