1. 行き過ぎのない適当な程度。ほどあい。「節度のある生活」「節度を守る」

  1. 指図。指令。下知 (げち) 。

    1. 「我が―に違ひ、国事を誤る者あらば」〈竜渓経国美談

  1. 天皇が将軍に出征を命じたとき、そのしるしとして賜る太刀・旗・鈴など。

    1. 「中議の節会行はれて―を下さる」〈太平記・一四〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫