• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《節電+クールビズからの造語》夏場、冷房の使用などによる電力消費量の増加を抑えるために、クールビズスーパークールビズを取り入れること。

[補説]平成23年(2011)3月の東日本大震災によって福島第一原子力発電所の機能が停止し、電力供給量が著しく低下したことから、夏場の電力不足防止策として経済産業省が中心となり提唱したもの。