• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 植物のふし。

    1. 「天 (あめ) なるささらの小野の七―菅 (すげ) 手に取り持ちて」〈・四二〇〉

  1. こもやすだれ、また垣などの編み目。

    1. 「まを薦 (ごも) の―の間近くて逢はなへば」〈・三五二四〉