• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 海中に簀を立てておき、干潮時に逃げおくれた魚を捕らえる漁法。また、その仕掛け。

  1. 円筒形の底のない竹かご。味噌や醤油の諸味 (もろみ) の中に立てて、こされて中に入った汁を取る。