1. すだれで仕切られた内側。簾内。

  1. 常に1にいるような高貴な女性。貴婦人。また、公卿・大名などの正妻を敬っていう語。

    1. 「―堂上目をあやにして」〈盛衰記・一二〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫