• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和歌・連歌・俳諧で、題の字を詠み込むこと。隠し題。例えば「空蝉 (うつせみ) 」の題を「浪のうつ瀬みれば玉ぞみだれけるひろはば袖にはかなからむや」〈古今・物名〉と詠み込む類。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉