• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

笠懸の一。五対のくじを竹筒に入れ、10人の射手がそのくじを馬上で受け取り、笠懸が終わったのち、対のくじを持っている者と射当てた矢の数を競う。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉