• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

米塩博弁の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

議論が詳細かつ多方面にわたって交わされること。また、その議論。また、些末さまつなことをくだくだと話すこと。▽「米」「塩」は、ともに細かく小さな粒であることから、非常に細かいもののたとえ。「博」は広い、多方面の意。
出典
『韓非子かんぴし』説難ぜいなん
句例
米塩博弁の論議

[言動を表す/話す/議論・相談]カテゴリの四字熟語