• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 全部とまではいかなくても、ほぼそれに近い部分。大部分。「クラスの粗方が進学希望だ」

  1. (副詞的に用いて)

    1. ㋐大部分。およそ。「仕事は粗方かたづいた」

    2. ㋑だいたいの数量をいうときに用いる。およそ。ざっと。あらあら。「参加人員は粗方五〇人だ」

[形動ナリ]手の入れ方などが細かい所まで行き届いていないさま。粗雑である。
    1. 「次公が注は―なり」〈四河入海・五〉