• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 歴史においては個々の事実の因果関係をこえて精神ないし理念が働いていると考え、この見地から歴史をとらえようとするもの。ディルタイ・マイネッケらが代表者。

  1. ある人の精神・思想の移り変わり。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉