• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

精金良玉の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

性格が穏やかで純粋なたとえ。すぐれた金属と立派な玉の意から。▽「精金」は混じり気のない金属。「良玉」は美しい玉。「良玉精金りょうぎょくせいきん」ともいう。北宋ほくそうの学者であった程顥ていこうの人柄が、温和で純粋であることを言った言葉。
出典
程頤ていい「明道先生行状めいどうせんせいぎょうじょう」。「純粋なること精金のごとく、温潤おんじゅんなること良玉のごとし」

[人物像を表す/性格/穏やかな・慎ましい]カテゴリの四字熟語