• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

価値のあるものとないものとの区別がないこと。また、それらを同一に扱うこと。味噌も糞も一緒。「―にして言う」