• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

火野葦平の短編小説。昭和12年(1937)発表。同年、第6回芥川賞受賞。受賞時に火野は日中戦争のため従軍中で、小林秀雄が戦地に赴き授賞伝達した。昭和32年(1957)、野村芳太郎監督により「伴淳・森繁の糞尿譚」の題名で映画化。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉