• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ぬかに釘を打つこと。なんの手ごたえもなく、効き目のないことのたとえ。暖簾 (のれん) に腕押し。ぬかくぎ。「いくら注意しても糠に釘だ」