• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

何かにつけて自分の系図を自慢すること。また、その人。

「其の時々の身の程しらぬ無用の本多が―」〈浄・会稽山