• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

紀伊半島の大半を占める山地。山容は壮年期地形の険しさを示す。最高峰は大峰山にある八剣山 (はっけんざん) で、標高1915メートル。

[補説]吉野・大峰(吉野山吉野水分神社金峰神社金峰山寺吉水神社大峰山寺)、熊野三山(熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社青岸渡寺補陀洛山寺那智の滝那智原始林)、高野山(金剛峰寺丹生都比売神社丹生官省符神社慈尊院)と、その三つを結ぶ参詣道である大峰奥駈道、熊野参詣道(中辺路 (なかへち) ・小辺路 (こへち) ・大辺路 (おおへち) ・伊勢路 (いせじ) )、高野山町石道 (ちょういしみち) は、平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉