• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浮世絵版画で、墨版のほか紅・緑を主としたわずかな色数の色摺り木版画。江戸中期に始まり、のち錦絵 (にしきえ) に発展した。紅絵 (べにえ) ともよばれたが、今日では区別している。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉