• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《赤いふさのついた槍 (やり) を武器にしたところから》中国で、辛亥 (しんがい) 革命以降、軍閥の圧迫などに対して華北の農村などで組織された、保守的・排他的な武装自衛団体。