• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「続近思録」から》紅炉の上に置いた雪がたちまちとけてしまうように、私欲や迷いなどがすっかりとけてしまうこと。