• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、江戸・大坂へ回漕されてきた年貢米の御蔵納入や払い米の仲介を請け負った業者。株仲間を組織して冥加金を幕府に納め、手数料を支給された。元来は、年貢米を回漕してきた百姓が、水揚げから御蔵納入までの間、滞在した指定の旅宿。大坂では蔵宿とも呼んだ。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉