• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 年末にその年に受けたお札を社寺に納めること。 冬》

  1. のうさつ(納札)

  1. 江戸幕府の金蔵に納めた金、または米蔵に納めた米に対して、金奉行蔵奉行が発行した受領書。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語