• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 裏に紐のついた鏡。

  1. てにをは紐鏡」の略称。

[枕]鏡の裏の紐は解くなの意で、「な解き」の音に近い地名「能登香 (のとか) 」にかかる。
    1. 「―能登香の山の誰 (た) が故か」〈・二四二四〉