• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「かみぎぬた」とも》

  1. 紙を作るために、原料のコウゾの皮を台にのせて木づちでたたくこと。また、その台。 秋》

  1. 歌舞伎下座音楽の一。太鼓の太ばちを打ち合わせて1の音を出すもの。寂しい、しんみりした場面に使う。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[秋/生活]の季語