[動ラ下一][文]まぎ・る[ラ下二]
  1. 入りまじって区別がつかなくなる。また、はっきりしなくなる。「人込みに―・れて見失う」「勝負の行方が―・れてくる」

  1. 似通っていて見分けがつかなくなる。「―・れやすい色」

  1. 他と見分けのつかない状況などをうまく利用する。混乱などに乗じる。「騒ぎに―・れて盗みを働く」「夜陰に―・れて逃げる」

  1. 他に心が奪われて、本来行うべきことがおろそかになる。「多忙に―・れて返事が遅れる」

  1. 他に心が移って、悲しみなどを忘れる。「気が―・れる」

  1. 他に差し障りがある。

    1. 「舞も見たけれども、けふは―・るる事いできたり」〈平家・一〉

出典:青空文庫