1. ある事につけこんで、また、事の勢いで何かをすること。

    1. 「怒った―に外の芸者を買いはしまいか」〈荷風腕くらべ

  1. 他に入りまじって区別がつかなくなること。

    1. 「山かぜに桜ふきまき乱れなむ花の―に立ちとまるべく」〈古今・離別〉

  1. 他の事に心を奪われること。

    1. 「今年は―多くて過ぐし給ふ」〈・若菜下〉

  1. 心情を表す形容詞の語幹、動詞の連用形に付いて、その心情に駆られて分別を失うさまを表す。「に」を伴って副詞的に用いることが多い。…のあまり。「苦し紛れにうそをつく」「腹立ち紛れ」

出典:青空文庫

出典:gooニュース