[名・形動]ごたごたと入りまじり乱れていること。また、そのさま。混雑。
  • 「多端―の過去は眼の前に横わり」〈高村・秋の祈〉