整数の因数である約数のうち、素数であるもの。例えば、12の約数のうちの2と3。