• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

naive realism》哲学で、主観と独立して物質的対象からなる世界が実在するという主張。特に認識論では、知覚や認識はこのような外界を忠実に反映・模写して成立するという。→模写説

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉