• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
(「素袍落」と書く)狂言。伊勢参宮の餞別に素襖をもらい、一杯機嫌で戻った太郎冠者は、主に見つからないように隠すが、はしゃぎすぎて落としてしまい、見つかってからかわれる。
歌舞伎舞踊。長唄・義太夫。本名題「襖落那須語 (すおうおとしなすものがたり) 」。福地桜痴作詞、3世杵屋正次郎・鶴沢安太郎作曲。明治25年(1892)東京歌舞伎座初演。の舞踊化。新歌舞伎十八番の一。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉