• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. 装わないで生地 (きじ) のままであること。また、他のものが加わらないでそのものだけであること。「化粧せず素のままで店に出る」

  1. 日本の音楽・舞踊・演劇などの演出用語。芝居用の音楽を芝居から離して演奏会風に演奏したり、長唄を囃子 (はやし) を入れないで三味線だけの伴奏で演奏したり、舞踊を特別の扮装 (ふんそう) をしないで演じたりすること。「素で踊る」「素で浄瑠璃を語る」

[接頭]
  1. 形容詞に付いて、非常に、ひどく、の意を表す。「素ばしこい」「素早い」

  1. 名詞などに付く。

    1. ㋐平凡な、みすぼらしい、などの意を表す。「素浪人」「素町人」

    2. ㋑ただそれだけの、ありのままの、純粋な、などの意を表す。「素顔」「素足」「素うどん」

〈素〉⇒

〈蘇〉⇒