• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和漢朗詠集・上の「紫塵 (しじん) の嫩 (わか) き蕨 (わらび) は人手を拳 (にぎ) る」の「紫塵」の訓読み》ワラビの芽。

「武蔵野のすぐろが中の下蕨まだうら若し―」〈長方集〉