• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[枕]

  1. ムラサキの根で染めた色の美しいところから、「にほふ」にかかる。

    1. 「―にほへる妹を憎くあらば」〈・二一〉

  1. 紫色が名高い色であったところから、地名「名高 (なたか) 」にかかる。

    1. 「―名高の浦の砂地 (まなごつち) 」〈・一三九二〉

  1. 濃く染まる意から、「濃 (こ) 」と同音を含む地名「粉滷 (こがた) 」にかかる。

    1. 「―粉滷の海にかづく鳥」〈・三八七〇〉

出典:gooニュース