クマツヅラ科の落葉低木。山野に生え、高さ約3メートル。葉は対生し、楕円形で裏面に黄色の点がある。6、7月ごろ、葉の付け根に淡紫色の小花を集散状につけ、秋に紫色の球形の実を結ぶ。近縁のコムラサキは小ぶりで実が密につき、庭木とされる。漢名、紫珠。みむらさき。 秋》

[補説]人名別項。→紫式部

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:gooニュース

出典:青空文庫