1. キク科の多年草。山間の草地に自生し、高さ1.5~2メートル。根際に大きな葉が群生。秋、多数の淡紫色の花を開く。漢方で根を乾かしてせき止めの薬にする。栽培もされる。鬼の醜草 (しこぐさ) 。 秋》「―咲き静かなる日の過ぎやすし/秋桜子

  1. 紫苑色」の略。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:青空文庫