• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

累乗してaとなる数をaの累乗根という。すなわち、nを2以上の自然数としたとき、xnaとなる数xを、an乗根とよぶ。とくに二乗根、三乗根はそれぞれ平方根、立方根ともいう。乗根。羃根 (べきこん) 。冪乗根 (べきじょうこん) 。