[形][文]ほそ・し[ク]
  1. 棒状のものの径が小さい。周囲が小さい。また、肢体などがやせている。「麺 (めん) が―・い」「首まわりが―・い」「―・い腕」⇔太い

  1. 線状のものの幅が小さい。幅が狭い。「道が―・くなる」「―・い罫 (けい) 」「―・い目」⇔太い

  1. 量が少なく、勢いが弱い。「ガスの炎を―・くする」「食が―・い」「乳の出が―・い」

  1. 声量が少ない。また、高く弱々しい声である。「―・い声で話す」⇔太い

  1. 気が小さい。また、繊細である。「神経が―・い」⇔太い

  1. 物事の規模が小さい。栄えていない。「商売が―・くなる」⇔太い

[派生]ほそさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース